-Sign-〈サイン〉偏光グラス(コパーブラウン)

クリックで画像を表示
コパーブラウン
クリックで画像を表示
偏光度99% 可視光線透過率30%
クリックで画像を表示
ハードケース、クロス付き

クリックで画像を表示

過酷な環境に対応できる偏光レンズ

求めたのは2つ。良く見えることと強いこと。コラボしたレンズメーカーは伊藤光学社。CR39素材より耐衝撃性に優れた高品質プラスチックレンズ、MR素材を使用。さらに熱(熱帯や暑い車内)・キズ(砂・潮)に強いヒートガードコートを標準装備。ヒートガードはガラスレンズよりキズに強く、真夏の車中保管にも耐えられるほどの強さ。

極端に違うエリアでテスト

【北極】早朝は気温がひと桁台で日中には28℃まで上がる夏の極北エリアでの寒暖差や風塵テスト。北海道ほどの面積を誇る広大な湖の気象状況は目まぐるしく変わる。曇りになれば寒く、大雨や砂を運ぶほどの暴風。晴れれば日差しが刺すように痛い。晴天時はコパーブラウン。コパーとブラウンを調合したオリジナルカラー。曇天時はクリアオレンジと使い分けた。

 【南米】朝8時前には30℃を超え連日40℃近い環境下でのテスト。
 無風、晴天の連続だったので基本はコパーブラウン。頭上が木に覆われて暗いジャングル内部では明るいレンズが特徴のクリアオレンジを使用。


伊藤光学偏光レンズ採用

●キズへの強さが一般的な偏光レンズの約3倍。その強さはがラスレンズをしのぐ

【キズテスト】
3Kの荷重をかけて砂消しゴムで5往復させた結果

・伊藤光学の偏光レンズ
キズがほとんど残らない

・一般的な偏光レンズ
キズが残る

●一般偏光レンズの車内保管は厳禁だが、伊藤光学偏光レンズは真夏の車中保管も可能。熱の強さはサウナに持ち込めるレベル。

【熱テスト】
 115度の環境で5分放置の結果

・伊藤光学の偏光レンズ
コートクラックは発生しません。

・一般的な偏光レンズ
コートクラックが発生します。

●伊藤光学偏光レンズはハードな釣りに耐えうる強さの他に「超撥水コート」で雨や水しぶきをはじく。
●割れにくい「プライマーコート」で米国安全基準の約20倍の強度
●ほこりがレンズにつきにくい「静電気防止コート」付きレンズ。



【コパーブラウン】

コパーとブラウンという良いとこ取りのオリジナルカラー。

磯や川の石、スリットなどエッジがハッキリ見える主に晴天の日中に。

マテリアル:セルフレーム
自重:約35g
販売価格 :¥28,800(消費税別)